日本IPO実務検定サイトマップお問合わせ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小受験のお申込みはこちらからトップに戻る
イメージ
トップページ > 試験概要 > 合格までの道のり
IPO実務検定試験の特徴合格によって認定される能力合格までの道のり受験者動向合格者の呼称試験範囲試験要領試験申し込み窓口継続研修制度FAQ

受験のお申込みはこちらから
社内受験制度
法人研修プログラムのお申込みはこちら
会員ページログイン

IPOつながりの輪!会員限定掲示板
合格までの道のり

試験のパンフレットはこちら

 合格ラインは、標準レベル試験、上級レベル試験ともに、正答率70%以上になります。
 学習のベースとなるのはIPO実務検定公式テキストですが、効率的に合格ラインに到達するためには、IPO実務検定公式テキストによる知識のインプットと、問題集によるアウトプットをともに行うことが効果的です。
 標準レベル試験については、実務経験がない受験生であっても、IPO実務検定公式テキストとIPO実務検定公式問題集の併用でほぼ合格ラインに到達することができます。
 上級レベル試験については、択一問題対策として「公式テキスト+公式問題集」、記述問題対策として「ケーススタディ・上場準備実務」を学習していただくのが効果的です。

 短期間での合格を目指す方には、資格の学校TACで開講中の「IPO実務検定対策講座」の受講をお勧めしています。IPO実務検定対策講座では、上場準備に必要な知識を体系的に学ぶことができ、また、実際に上場準備の実務経験を持つ専門家の方々が講師を務めていますので、実務的な内容もふんだんに盛り込まれております。詳細は下記の「資格の学校TAC」のバナーをクリックしてご確認ください。

資格の学校TACのIPO実務検定対策講座はこちら


IPO実務検定試験に関するお問い合わせ先
日本IPO実務検定協会事務局
担当者:事務局長 原田
お問い合わせはこちらまで
E-mail:info@ipo-kentei.or.jp

 

↑ページトップへ