日本IPO実務検定サイトマップお問合わせ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小受験のお申込みはこちらからトップに戻る
イメージ
トップページ >合格者の声一覧 >合格者の声
合格者の声

上場準備中の人材サービス会社
経営企画室 加藤 啓也 様
試験の種別:標準レベル

―――IPO実務検定を受験したきっかけは何ですか?

当社はIPOを目指すため、証券会社、監査法人、信託銀行からアドバイスをいただきながら準備を進めております。私自身は、約1年半前から社内整備を始め、予算の作成などを行っていますが、これまでにIPOの経験はないため、書籍を読んだり、各関係者からそれぞれいただいたアドバイスをつなぎ合わせながら理解を深めるといった状態でした。

その後、全くの素人から、各関係者とスムーズに話しが出来るレベルまでにはなったものの、いま一つピントがずれているような感覚、また、自身の知識に対する不安は払拭出来ずにおりました。

そのタイミングで知ったのがIPO実務検定でした。自身の知識の確認と自信を深めるために受験をいたしました。

―――IPO実務検定合格のためにどのような準備をしましたか?

以前よりIPOセミナーに積極的に参加したり、幾つかの書籍を読んでおりましたので、受験勉強としては公式テキストのみを利用しました。 1度目は上級分野も含めて一通り読み、2度目は標準の範囲のみをおさらいしました。

公式テキスト以外では、「Q&A株式公開の実務ガイド(中央経済社、あずさ監査法人監修)」を推薦します。

―――IPO実務検定を受験してよかったことは何ですか?

受験したことで、持っていた知識が、ツギハギだったものからストーリーとして一連のものになりました。各関係者との会話にも自信が持てるようになりました。

―――IPO実務検定の社内での活用法について教えてください。

これからIPOに携わる者には受験させたいです。受験させることにより、理解度が同じだとわかれば、プロジェクトもスムーズに進むと思うので。

―――上記の他、何か追加でお話していただけることがあれば、よろしくお願いいたします。

受験により得られる知識は、IPO準備だけでなく、会社運営という観点からも役に立つと思います。また、管理系の従業員や幹部研修としてもお勧めできると思います。


IPO実務検定試験に関するお問い合わせ先
日本IPO実務検定協会事務局
担当者:事務局長 原田
お問い合わせはこちらまで
E-mail:info@ipo-kentei.or.jp

 


受験のお申込みはこちら
社内受験制度
法人会員のお申込みはこちら
会員ページログイン

  
IPOつながりの輪!会員限定掲示板
↑ページトップへ