日本IPO実務検定サイトマップお問合わせ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小受験のお申込みはこちらからトップに戻る
イメージ
トップページ >合格者の声一覧 >合格者の声
合格者の声

元株式会社プロネクサス(旧亜細亜証券印刷株式会社)
ディスクロージャー研究部 会社法企画チーム 会社法担当アドバイザー
福田 征二 様
試験の種別 標準レベル・上級レベル

―――IPO実務検定を受験したきっかけは何ですか?

私は以前、上場会社を中心としたディスクロージャー実務支援業務に従事して参りましたが、実際の事業会社の実務の中で、自身が学んできた「会社法」や「金融商品取引法」の知識がどの程度活用出来るものなのか、そしてそのような知識やスキルを試す基準(バロメーター)のようなものが何かないものか、ずっと模索をしておりました。

そのような中で、あるIPO準備会社からIPO実務のお手伝いをさせて頂く機会を頂いたので、早速、書店に行ってIPO実務に関する書籍を探しておりましたところ、「IPO実務検定試験」の公式テキストと出会い、「IPO実務検定試験」という資格試験の存在を知りました。そして、自分の今までの知識が体系的に整理出来るとともに、現在の実務レベルがどの程度のものであるのかを試す良い機会だと考え、受験することにしました。

―――IPO実務検定合格のためにどのような準備をしましたか?

IPO実務検定試験の公式テキストを中心に勉強しました。本書は試験に必要な知識が体系的に習得出来る大変素晴らしい良書であると思いますので、何度も繰り返し使用されることをお勧め致します(私は全体を2回繰り返しました)。

その他で参考にしたものは「株式上場ハンドブック【監査法人トーマツ編】(中央経済社)」です。公式テキストを使用する上でわからない所があった場合、より深いところを辞書的に調べるために使用しました。

あと「ディスクロージャーの実務<新日本有限責任監査法人>(中央経済社)」も大変コンパクトに要点が纏まっていますので、これから勉強される方には是非とも推薦したい一冊です。

―――IPO実務検定を受験してよかったことは何ですか?

IPO実務検定の受験が、上場準備に必要な膨大な知識を体系的かつ効率的に整理するのに大変役に立ったということです。そして、会員専用の継続研修を通じて、いろいろと勉強させて頂く機会が増えることも大変助かります。今後はこの資格を有効に活用出来る様、より多くの企業のIPO実務支援に積極的に携わって参りたいと考えております。

―――IPO実務検定の社内での活用法について教えてください。

社内のIPO準備スタッフに積極的に受験を勧めるとともに、法律や会計、労務に関する実務に携わったり関連の資格取得を目指している同僚や知人にも是非推薦したいと思います。そして、新たな法律、上場規則の改正等があった場合には、会員専用の継続研修を活用して、社内での情報の共有に貢献していきたいと考えております。

―――上記の他、何か追加でお話していただけることがあれば、よろしくお願いいたします。

IPO実務検定試験を通じ、改めてIPO準備に必要な知識の体系的整理と関係者(上場金融商品取引所・監査法人・幹事証券・信託銀行・証券印刷会社等)の方々との連携の大切さ、大変さを感じました。

これからも少しでも多くの上場準備会社が上場を果たし、上場を機にさらなる成長を遂げ、その結果として日本経済がますます発展していくよう、IPO実務支援を通じて貢献してきたいと考えております。



IPO実務検定試験に関するお問い合わせ先
日本IPO実務検定協会事務局
担当者:事務局長 原田
お問い合わせはこちらまで
E-mail:info@ipo-kentei.or.jp

 


受験のお申込みはこちら
社内受験制度
法人会員のお申込みはこちら
会員ページログイン
IPOつながりの輪!会員限定掲示板
↑ページトップへ