日本IPO実務検定サイトマップお問合わせ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小受験のお申込みはこちらからトップに戻る
イメージ
トップページ >合格者の声一覧 >合格者の声
合格者の声

上場準備中のITソフトウェア会社
経営企画室・室長 楢原 昌洋 様
試験の種別:上級レベル(標準レベルにも合格)

―――IPO実務検定を受験したきっかけは何ですか?

当社はIPOを目指し、現在IPOコンサルタントのアドバイスを頂きながら準備を進めておりますが、IPO準備実務はその経験がない私にとっては全体像が見えないものでした。そこでIPOコンサルタントの方に相談したところ、IPO実務検定の受験を薦められました。

―――IPO実務検定合格のためにどのような準備をしましたか?

公式テキストは3回通読し、公式問題集に記載されていた内容にマーカーを引き通勤の電車で何度も読み返しました。
公式問題集は7回ほど解き、記述問題は10問全て記憶しました。
公式テキスト以外では、「ケーススタディー・上場準備実務」を一通り読みました。

―――IPO実務検定を受験してよかったことは何ですか?

IPOを目標に掲げるベンチャー企業のIPO準備担当者として、IPO準備実務の知識を総合的にかつ網羅的に習得することができました。IPO実務検定の学習を通じて得た知識により、IPOまでのスケジュールや自分自身の役割を数年スパンで見通せるようになりましたし、その知識が社内・外に対する自分の発言の裏付けにもなり、仕事がしやすくなりました。

また、IPO実務検定を通じて学習した知識は、IPOのためだけのものにとどまらず、管理部門にとっても有効だと思います。特に事業計画の考え方は非常に参考になり、経営企画室全体の質を高めるきっかけとなりました。

―――IPO実務検定の社内での活用法を教えてください。

経営企画室のメンバーがIPO準備に関する統一的な知識を持つためにも、本検定の受験およびそのための学習を推奨しております。



IPO実務検定試験に関するお問い合わせ先
日本IPO実務検定協会事務局
担当者:事務局長 原田
お問い合わせはこちらまで
E-mail:info@ipo-kentei.or.jp

 


受験のお申込みはこちら
社内受験制度
法人会員のお申込みはこちら
会員ページログイン
IPOつながりの輪!会員限定掲示板
↑ページトップへ