日本IPO実務検定サイトマップお問合わせトップ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小受験のお申込みはこちらから
イメージ
トップページ > 試験概要 > 合格によって認定される能力
IPO実務検定試験の特徴合格によって認定される能力合格までの道のり受験者動向合格者の呼称試験範囲試験要領試験申し込み窓口継続研修制度FAQ

受験のお申込みはこちらから
社内受験制度
法人研修プログラムのお申込みはこちら
会員ページログイン

IPOつながりの輪!会員限定掲示板
協会概要/協会の設立趣旨

試験のパンフレットはこちら

 IPO実務検定試験には、「標準レベル試験」と「上級レベル試験」の二段階の試験があります。 各試験の合格者は、それぞれ上場準備に関しおおむね以下のような能力を有するものと判断されます。

区分 合格者が有すると認められる能力
標準レベル試験 上場準備スタッフとして、上場準備室長のサポート的な業務をこなすことができる。
上級レベル試験 上場準備室長として、上場準備に必要な業務の特定ができるほか、それらの業務を社内の各部門や担当者にアサインしたり、監査法人、証券会社などの上場関連プレイヤーとの折衝ができる。

 

IPO実務検定試験に関するお問い合わせ先
日本IPO実務検定協会事務局
担当者:事務局長 原田
お問い合わせはこちらまで
E-mail:info@ipo-kentei.or.jp

 

↑ページトップへ