日本IPO実務検定サイトマップお問合わせ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小受験のお申込みはこちらからトップに戻る
イメージ
トップページ > 試験概要 > 試験範囲
IPO実務検定試験の特徴合格によって認定される能力 合格までの道のり受験者動向合格者の呼称試験範囲試験要領試験申し込み窓口継続研修制度FAQ

受験のお申込みはこちらから
社内受験制度
法人研修プログラムのお申込みはこちら
会員ページログイン

IPOつながりの輪!会員限定掲示板
試験範囲

試験のパンフレットはこちら

標準レベル

試験科目:「倫理・社会的責任」「制度・コンプライアンス」「上場準備実務」
出題範囲:下表参照
出題方式:択一式(60問)

上級レベル

試験科目:「制度・コンプライアンス」「上場準備実務」
出題範囲:下表参照
出題方式:択一式(60問)および記述式(3問)

出題範囲(は第四版で新設または大きく改訂された主要箇所です。詳細はこちら
試験科目 項目 標準試験の主な
出題内容
上級試験の主な出題内容
(標準試験の出題内容に加えて
下記の内容)
倫理・社会的責任   経営者や実務担当者が持つべき倫理、ガバナンスと企業価値  
制度・コンプライアンス 上場の意義、
メリット・デメリット
上場の定義・意義、メリット、デメリット  
市場の種類 新興企業向け市場を中心に証券市場の種類  
市場別上場審査基準等 各市場毎の形式基準、実質基準 子会社上場基準、市場別上場廃止基準
プレイヤー 上場をサポートするプレイヤーの役割  
会社法概論 機関、株主の権利、株式を中心とした会社法の基本的知識 定款、種類株式、登記を中心とした会社法の基本的知識
金融商品取引法概論 上場という観点を中心とした金融商品取引法に関する基本的知識 インサイダー取引規制
コンプライアンス 人事・労務に関する法令等の概要 人事・労務に関する法令等の知識、知的財産に関する法令等の基本的知識、税務に関する基本的知識、公益通報者保護法、個人情報保護法、産業廃棄物処理法、下請法、景品表示法等その他の法令の基本的知識
上場準備実務 上場準備のスケジュール 上場に向けてのスケジュールとプレイヤーとの関係、資本政策や管理体制整備のスケジュール  
戦略とリスク 戦略とリスク(リスク対応及び開示)についての基本的知識
コーポレート・ガバナンス 東証のコーポレート・ガバナンス原則、機関設計、組織的経営、三様監査総論、反社会的勢力との関係遮断 報酬、三様監査、IR、利害関係者に対する施策、関連当事者等との取引や関係会社の整理
内部管理体制 内部統制システムの構築、内部統制報告制度の概要、業務プロセス、中期経営計画や予算管理 財務報告に係る内部統制の評価
ディスクロージャー 財務諸表のつながり 招集通知、決算スケジュール、事業報告、有価証券報告書、有価証券届出書、目論見書、内部統制報告書、四半期報告書、貸借対照表・損益計算書項目等の主な論点
証券会社対応 引受審査までの流れ、引受審査資料
証券取引所対応 上場までの流れ、取引所審査 Tの部、JASDAQ上場申請レポート
資本政策 資本政策立案時の注意点、各手段の特徴 資本政策と企業価値把握、ストック・オプション

 

IPO実務検定試験に関するお問い合わせ先
日本IPO実務検定協会事務局
担当者:事務局長 原田
お問い合わせはこちらまで
E-mail:info@ipo-kentei.or.jp

 

↑ページトップへ